印象づくりで変化した私の体験談

HOME > 印象づくりで変化した私の体験談

ここでは、私がこれまでに印象づくりによって体験したお話しをお伝えしましょう。 私は、人づきあいが苦手な方で、どちらかといえば、家にひきこもっていたいタイプです。ただし、社会に出れば、そうも言ってはいられませんよね。20代までの私は、大学に行き、会社勤めをしていましたが、表情は固く、むっつりしていて、周囲からは話しかけづらいとよく言われていました。それが、私の印象だったのでしょう。また、私自身も周りに話しかけられないように無意識にそのような表情をしていたのかもしれません。服装もダークな色合いが多く、パンツしか履かず、ショートカットで、見た目にも取っ付きにくい印象を持っていました。 ところが、仕事上、全国の支社の方々とコミュニケーションをとらなければならない状況になり、彼らから短時間で信頼を得る必要が出てきたのです。これまでのようにあまり人と接することなく過ごすということができなくなりました。 初対面の方々から信頼を勝ち取るというのは、最初は非常に難しい事でした。しかし、自分の印象を変えて、誰もが話やすい印象をつくることで、それは可能となったのです。 笑顔をつくり、明るく、オシャレな服装をして、ショートカットをロングヘアにしました。女性らしい印象にも心がけました。そうすることで、これまで話しかけられなかった方からも話かけやすい印象になったようです。 今では、様々なシーンでその場に適した印象づくりができるようになったことで、格段に仕事や生活がしやすくなりました。